銀座ぶらっとスペシャル #193|西山まりえの歴女楽 Vol.10|驚異の作曲家カルロ・ジェズアルド|王子ホール|宮本益光 加耒 徹ほか

平日の昼下がり、銀座でのお買い物のついでに、お友達との銀ぶらの途中に立ち寄れる気軽なコンサート、『銀座ぶらっとコンサート』第193回。クラシック音楽界きっての(?)歴女、西山まりえが歴史上のヒーロー、ヒロインの物語をチェンバロやハープで綴っていくシリーズの第10回をスペシャル企画でお届けします。後期ルネッサンスの作曲家カルロ・ジェズアルドの知る人ぞ知るスキャンダラスな人生と、美しく魔力に満ちた音楽を歌と語りで再現します。

開催日
2024年4月26日(金)
開演
13時30分 休憩あり、本格プログラムによるコンサートです
開場
13時00分
出演
西山まりえ(音楽監督/チェンバロ/バロック・ハープ)
宮本益光(語り)
松井亜希(ソプラノ)
金子美香(メゾ・ソプラノ)
久保法之(カウンターテナー)
金山京介(テノール)
加耒 徹(バリトン)
家田 淳(脚本・演出)

プログラム
カルロ・ジェズアルド
  :わたしは死する、苦しみの中で
  :めでたし、いと甘美なるマリアよ
  :月桂樹の木陰で
  :公爵のフランス風カンツォン(ハープ独奏)
  :ガリアルダ(チェンバロ独奏)
クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば
ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェス:悲しみの聖母
タルクイニオ・メールラ
  :そう信じてしまう愚かなひと
  :今こそお眠りなさい(子守唄による宗教的カンツォネッタ)
ジュリオ・カッチーニ:このうえなく甘いため息
ルッツァスコ・ルッツァスキ:私は若い女の子
アロンソ・フォンタネッリ:それは私の魂のひとだった
会場
銀座・王子ホール
料金
全席指定 5,000 円
主催
OJIHALL 王子ホール
協賛
株式会社ヨックモック(お茶とお菓子のサービスつき)
お申込
王子ホールチケットセンター 03-3567-9990
参照
王子ホールWEBサイト